« 用語集マイナーverup | トップページ | 用語集ch9途中まで »

2007年2月26日 (月)

辞書変換プログラム

互換性の問題からグロサリーは今後もwordということになりましたが、wordファイルを英辞郎(PDIC)形式に簡単に変換できるようなプログラムを組みました。
といっても、非常に簡単なものですが。WinXPでしか動作確認しておりませんが、Javaで組んでいるのでmacでも行けるかも。ただし、PDIC形式の辞書が読める環境が必要です。

<使い方>
1.まず、
「DicChange.pdf」をダウンロード
して(右クリック>対象を保存でやってください。そうしないとAcrobatが立ち上がってエラーがでます)、拡張子を「DicChange.pdf」から「DicChange.class」に変える(ブログにはクラスファイルがアップできないので)。

2.「SD_Glossary.dic」をワードで立ち上げて、「名前を付けて保存」。ファイルタイプを「.txt」にして保存。いろいろ聞いてくるが、無視してすべて「OK」にする。名前はとりあえず「SD_Glossary.txt」とでも.

3.コマンドラインを立ち上げて、「java DicChange < SD_Glossary.txt > SD_Dic.txt」と打ち込んで実行。ただし、パスに注意(デスクトップで起動すると上手くいくかも。ムリな場合は、javaの位置を指定してやると良いかも)。

4.「SD_Dic.txt」というファイルが出来ていたら成功(名前は何でも良い)。後はこのファイルを、「英辞郎版用語集」での手続きに従ってPDIC上で辞書に変換してください。

以上、極めて分かりにくい説明かもしれませんが、不明な点があればOTKまで(コメントでも可)。また、バグがあれば(きっとあるはず)報告いただけると幸いです。

OTK

|

« 用語集マイナーverup | トップページ | 用語集ch9途中まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 用語集マイナーverup | トップページ | 用語集ch9途中まで »