« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

11/30のレジュメ

大塚です.明日のレジュメなのですが,長くなりそうなので途中までにさせてもらってもよいでしょうか.すいません.とりあえずp.369のFigures 4&5の前までのレジュメをアップします.よろしくお願いします.

「wimsattschank2002.pdf」をダウンロード

OTK

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

次回勉強会(11/30)

皆さん都合つきそうなので,次回勉強会は11/30(木),10:00-,大塚担当で行いたいと思います(というわけで23日はお休みです).
ペーパーは次のものを読みます:
W.C. Wimsatt & J.C. Schank (2002), 'Generative Entrenchment, Modularity and Wimsatt & J.C. Schank, 'Generative Entrenchment, Modularity and Evolvability: When Genetic Selection  meets the Whole Organism'.

以下のサイトでPDFが落とせます(直リンです)
http://mechanism.ucsd.edu/~bill/ModelsAndPrediction/papers/wimsatt.Mod-evol-pardx-89POSTfin.pdf

それではよろしくお願いします.

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

研究会を終えて

大塚です。皆さん先日はおつかれさまでした。そして研究会にお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。おかげさまで充実した研究会になったと思っております。

あと会でも言いましたが、当日質問したかったけど結局できなかったこと、いいたかったけどいえなかったことなどありましたら、ぜひぜひこちらのブログにコメントいただければと思います。お気軽にどうぞ。

ところで本日、同じく京大でやっていたゲノム広場に行ってきたのですが、そこでちょうどEpigenesisの話(Wearver, et al, 2004)が紹介されていました。ラットの子育て行動の話で、正常なラットは子をなめたりグルーミングしたりして育て、そうした子育て行動は子に引き継がれる(なめられないで育った子は母親になっても子をなめない)そうですが、この行動が海馬のグルココルチコイド受容体遺伝子の発現に関係していて、それが発現するかしないかはその遺伝子のプロモーターの脱メチル化によって決まっているらしいです。つまり、脱メチル化というEpigeneticな作用がこうした行動の発現と遺伝に関わっているようです。
もちろんこの研究の背景には、ネグレクトされて育った子は親になったときネグレクトしやすい・・・とよくいわれる社会的事実があるわけで、この研究は結構話題になったようです。
以下は当該ペーパーへのPubmedからのリンク:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=15220929&query_hl=1&itool=pubmed_docsum

いろいろな意味で、「発生をマジで考える」必要があるのかもしれません。

OTK

| | コメント (1)

2006年11月15日 (水)

明日のレジュメ

こんばんは。おそくなりましたが明日のレジュメです。

「three_ways_to_misunderstand_developmental_systems_theory.pdf」をダウンロード

よろしくどうぞ。

フジカワ

| | コメント (0)

2006年11月11日 (土)

勉強会のお知らせ

http://www.geocities.jp/zbe93157/mri/index.html

fMRIの基本的な実験方法だの何だのを、
実際にfMRI使いながら実験されてる方に教えて頂きつつ、
fMRIを使った実験の論文なり教科書なりを読みつつ勉強しようという会です。
興味のある方はメールでご連絡ください。

場所は未定ですが、京大内部は間違いないです。
初回は11/16 20-22を予定しとります。

nakao

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

次回勉強会

次回の勉強会は、

Griffiths, P. & Gray, R. (2005). 'Discussion: Three ways to misunderstand developmental systems theory', Biology and Philosophy, 20, 417-425

を読みます。

http://www.springerlink.com/content/y105p8776284v788/?p=37f9de0467f749c7a9b2ed221258234b&pi=12

からダウンロードできます(学内のみ)

担当はわたくしフジカワです。

よろしくどうぞ。

| | コメント (1)

2006年11月 6日 (月)

脳と機械をつなぐ

こんなのがあるみたいです。明日ですが。

http://www.psy.bun.kyoto-u.ac.jp/sakurai/symposium.html

OTK

| | コメント (0)

2006年11月 3日 (金)

PaSTA研究会のお知らせ

PaSTA研究会の詳細が決定しましたので、お知らせします。来聴歓迎・入場無料です。

=================================================

タイトル: 「生物学の哲学と心の哲学の接点」


日時:11月18日(土) 午後2:00-6:00
会場:京都大学文学部東館4階 COE研究室

講演:

戸田山和久 教授 (名古屋大学大学院 情報科学研究科)
「Epigenesisと生物学の哲学 」
要旨:Epigenesisとはゲノムの変異以外のしかたで遺伝子発現に影響が与えられる現象で、遺伝子発現の制御メカニズムとして、あるいは発生学の新展開としても注目されてきています。こうした現象への注目が、生物学の哲学のこれまでの議論の枠組みやトピックにどのようなインパクトをもたらしうるのかについて考えてみます。

太田紘史 氏 (京都大学文学研究科 博士前期課程)
「神経哲学と神経科学の哲学」
要旨: 現代英米系の心の哲学におけるひとつのアプローチとしての「神経哲学」(Neurophilosphy)は、神経科学的知見を哲学的主張に応用する。一方で科学哲学の一領域として発展している「神経科学の哲学」(Philosophy of Neuroscience)は、神経科学的知見に対する哲学的分析を行う。このようなアプローチの違いは、還元的唯物論や消去的唯物論などの心脳関係に関する立場においても差異を伴う。今回の発表では、両分野の発展の背景、そして両分野における認知と意識に関する研究動向について報告する。

中尾央 氏 (京都大学文学研究科 博士前期課程)
「共感能力とマインドリーディング」
要旨:我々は他者の心をどうやって理解しているのか。近年、ミラー・ニューロンと呼ばれる神経単位についての研究が盛んに行われ、マインドリーディングとの関係が指摘されている。また共感研究に関しても、fMRI(機能的磁気共鳴画像)を用いて一定の成果が得られつつある。本発表では、このミラー・ニューロンについての研究と、 fMRIを用いた共感研究を援用しつつ、共感能力とマインドリーディングの関係について考察したい。

| | コメント (1)

2006年11月 1日 (水)

レジュメ

「griffiths_in_press.doc」をダウンロード

おそくなりまして

明日のレジュメです

TNK

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »