« 次々回 | トップページ | 論評:"What is a mechanism? A counterfactual account" »

2006年4月28日 (金)

アンソロジートピック

本日はお疲れ様でした。先ほどまとめたトピックをあげておきます。候補論文をコメントでお願いします。

  • Unit of selection
  • Function
  • Species
  • Adaptation
  • Fitness
  • Altruism
  • Reduction
  • ID

以下は保留のタイトル:

  • Evo-Psycho.
  • Development
  • Law
  • Life
  • Ecology

|

« 次々回 | トップページ | 論評:"What is a mechanism? A counterfactual account" »

コメント

ちなみにConceptual issues in evolutionary biologyのthird editionが今年出版予定らしいです。

投稿: KO | 2006年4月28日 (金) 14時06分

Unit of Selectionの重要論文を挙げておきます。

●Hull, D. L. (1981) The Units of Evolution: A Metaphysical Essay. In Studies in the Concept of Evolution. ed. U. J. Jensen and R. Harre. The Harvester Press: Hassocks.
●Sterelny, K. and Kitcher, P. (1988) The Return of the Gene. Journal of Philosophy 85, 339-61. Reprinted in Hull and Ruse (1998), 153-75.
●Sober, E. and Wilson, D. S. (1994) A Critical Review of Philosophical Work on the Units of Selection Problem. Philosophy of Science 61, 534-55. Reprinted in Hull and Ruse (1998), 198-220.
●Brandon, R. N. (1988) The Levels of Selection: A Hierarchy of Interactors. In H. Plotkin ed. The Role of Behavior in Evolution (Cambridge: Cambridge University Press), 51-71. Reprinted in Hull and Ruse (1998), 176-197.
●Brandon, R.N. (1999) The units of selection revisited: The modules of selection. Biology and Philosophy 14: 167-180.
●Lewontin, R. C. (1970) The Units of Selection. Annual Review of Ecology and Systematics Ⅰ: 1-18.

探したらわりとありました。Nakao君とも話しましたが、Sober and Wilsonの論文はAltruismのパートに入れて、ここに入れないでおくのも一つの手でしょう(解説で断ることにして)。
以下の本は今度もって行きます。
Brandon, R. N. and Burian, R. M. (1984) Genes, Organisms, Populations: Controversy over the Units of Selection. Cambridge, Mass.: MIT Press.

投稿: TNK | 2006年4月28日 (金) 15時20分

すいません、コメント遅れました。
機能の件では、まあ色々考えたのですが次でしょう。
<サーベイだったら>
・Perlman, M.(2004), The Modern philosophical resurrection of teleology
<各論だったら>
・Cummins, R.(1975), Functional Analysis
・Millikan, R.G.(1984), Proper Function (LTOBCよりの抜粋)
ただCumminsのは先行説の批判とかがあって冗長なんですよね。Cummins Functionの良いまとまった論文ってなかなかなくて。

投稿: OTK | 2006年5月10日 (水) 00時41分

アンソロジーの論文もそうですが、教科書の候補もあげていきたいと思いました。特に、セイブツガクノテツガク?ナニソレ?みたいな状況では、テキスト的なものの方が良いかとも。例えばSoberとかSterlny&Griffithsとか。明日持ってきます。
あと誰か、Hullの翻訳もって来れる人いたら助かります。

投稿: OTK | 2006年5月11日 (木) 15時05分

Hullの翻訳、明日もって行きます。

投稿: TNK | 2006年5月11日 (木) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンソロジートピック:

« 次々回 | トップページ | 論評:"What is a mechanism? A counterfactual account" »