« 論評:"Connectionism and the problem of systematicity" | トップページ | アンソロジートピック »

2006年4月27日 (木)

次々回

Beatty, John. 1984. "Chance and Natural Selection." Philosophy of Science 51: 183-211(pdfファイル).
などはどうかと思っています。
genetic driftとnatural selectionの違いについて、のお話です。
intro読んで頂ければ、大体の内容は分かると思います。

最近では、
Millstein, R. L. (2002), "Are Random Drift and Natural Selection Conceptually Distinct?", Biology and Philosophy 17: 33-53.
などもあるようですが、この辺りの話では、Beattyの論文が一応の始まりのようです。詳しくは分かりません。

明日になればまた気が変わるかもしれませんが、とりあえず、私が担当する回では、Beattyの論文を第一候補でお願いします。

nakao

追記:

pdfをダウンロードできない方がおられれば、ご連絡ください。
h5strings@monolithweb.net
添付ファイルにてお送りします。

|

« 論評:"Connectionism and the problem of systematicity" | トップページ | アンソロジートピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次々回:

« 論評:"Connectionism and the problem of systematicity" | トップページ | アンソロジートピック »